Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/dso-news.info/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシングで利率が低い所はどこですか? | 《1週間無利子》もアリ!?今借りたい厳選カードローン情報→

色々な会社がキャッシングを扱っていますが利率も色々のようです。利率が低いキャッシングだとどこになるでしょうか。お勧めのところがあれば教えて下さい。

利率が低いのは銀行のサービスになります

まずは、どのような会社がキャッシングを行っているかを整理してみましょう。キャッシングを行っている会社を大別すると以下のように5種類に大別することができます。1銀行系カードローン(銀行グループ会社・子会社など)、2消費者金融カードローン、3クレジット会社カードローン 、4信販会社カードローン、5銀行カードローン(銀行本体)

この中で一番金利が低いのは5銀行カードローン(銀行本体)になります。銀行に行くと○○銀行カードローンなどのポスターが貼ってあったり、ATMの周りには3つ折りのリーフレットなどが置いてあることが多いので、あなたも目にしたことはあるのではないでしょうか?

銀行のカードローンだと金利は15%以下のことが多く、他の1から4のカードローンの一般的な利率である18%と比べると3%も違ってきます。例えば三菱東京UFJ銀行のバンククイックだと10万円から50万円の貸し出しに対する利息は14.6%になります。50万円借りた場合は月額6,083円ですが、同じ金額をプロミスで借りた場合の炉率は17.8%で月額の利息は7,416円となります。その差は月額1,333円、年額にすれば17,329円となります。当然、借入金額が多ければ差額も変わってきます。3%強の違いというのは意外に大きいものです。

利率だけでみると一番安い銀行のカードローンですが、消費者金融などが行っている1ヶ月間利息無料などのサービスを考えると支払額は消費者金融の方が安くなる可能性もあります。借入期間などと併せて考えると良いでしょう。

次におすすめの銀行ですが、オリックス銀行のカードローンは最低金利が3%と業界最低水準になっています。またオリックス銀行のカードローンは最高限度額が800万円と他社に比べて大きいこと、さらに消費者金融からの借り換えローン・おまとめローンとしても利用が可能というのは大きな特徴と言えます。また、最短即日審査のスピード審査というのも魅力の一つと言えるでしょう。そして何といっても最大の魅力は限度額300万円以下であれば収入証明書が不要ということだと思われます。

一度は探したいキャッシングで利率が低い所の特徴とは?

クレジットカードにてお金を借りられるキャッシング機能は、場合によっては本来の用途でもある買い物よりも活躍してくれます。例えばクレジットカードを持っているからと財布の中にはあまり現金を入れないようにして、それでカードが使えない店に行くことになった場合、どうしますか?そう、そんな時こそ現金を引き出して手元に置けるキャッシングの出番です。クレジットカードとはまさに相性抜群というわけですね。

クレジットカードと一体になっているという事で同じく融資を受けられる借り入れ専用のカードローンよりも、ぱっと見では便利そうですね。しかし、キャッシングはカードローンに比べて金利が高めで限度額も低いために、常用するには少々融資枠としては心許ないですね。カードローン以上にいざという時に限定して使っていかないといけませんので、しっかりとその用途と存在意義について自分なりに考えないといけません。

高いとは書きましたが、キャッシングの金利が全てそうだというわけではありません。カードローンだって扱っている業者によって金利の数値が異なるように、キャッシングの条件だって業者で違ってきます。それにキャッシング専用のカードだってありますし、キャッシング選びというのもかなり選択肢があったりします。なかなかキャッシングと一言で言っても奥深いのです。

どうせ融資を受けるならより低金利である事が望ましいので、キャッシングで利率が低い所を探す為のコツについて解説していきます。キャッシングを積極活用していきたいのなら、この準備段階から非常に大切なのです。

まずキャッシングのみが行えるカードの場合、選び方としてはカードローンとほぼ同じです。融資方法についてランキング表示をしているサイトを見れば金利の安い順に並べ替える事ができる場合があり、そうすればすぐに見つかるでしょう。金利だけで選ぶ事はありませんが、それくらい優先してもよい項目と言えますね。

クレジットカードのキャッシングの場合、どこも平均的に高めになっていて、やはり買い物の補助的な機能である事が窺えます。ただ、それでも差が出るとしたら企業毎による差以外にも会員ランクの差、借りられる限度額による差があります。一般会員よりもゴールド会員の方が、そしてより多く借りられるほど金利は下がっていきますので、その辺も考慮してカードを選べばキャッシング機能も幾分か使いやすく変化していきます。

カードローンなどと同じように、選び方によってはキャッシングにも大きな金利の差が出てきます。この差をしっかりと見極めて使えるようになれば、キャッシングだけでなく他の融資でもお得に使いやすくなるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 《1週間無利子》もアリ!?今借りたい厳選カードローン情報→ All Rights Reserved.