Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/dso-news.info/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
借り換えカードローンの使い方を教えて下さい | 《1週間無利子》もアリ!?今借りたい厳選カードローン情報→

友だちから、借り換えカードローンで返済がラクになるという話を聞きました。現在3社から合計で100万円ほどの借り入れがあるのですが借り換えカードローンを使うと返済がラクになるのでしょうか?また借り換えカードローンの使い方を教えて下さい。

借り換えカードローンを使えば返済がラクになる可能性はあります

3社合計で100万円ほどの借入残とのことですが、3社それぞれの金利はどうなっていますか?その金利がどれくらいかによって借り換えカードローンを使うことでラクになるかどうかは変わってきます。金利が高いカードローンを安い金利のものに借り換えれば支払い金利が安くなりますので月々の返済もラクになります。

金利の安さで言えば銀行系のカードローンが一番ですが、銀行系は審査の厳しさも一番です。また、銀行系は複数のローンをまとめる場合には特に審査が厳しい傾向があります。あなたの収入などが分かりませんので何とも言えない部分もありますが、あなたの場合ですと恐らく銀行系の審査は厳しいのではないかと思われます。

では、他にはどのようなところがあるかをご紹介しましょう。意外かもしれませんがプロミスとアコムの大手2社の消費者金融はおまとめ・借り換えローンのサービスを提供しています。金利は銀行よりは多少高くなりますがそれでも最低で4.5%からです。

また、あなたの年収が300万円に満たない場合ですが総量規制のことが気になるかもしれません。総量規制とは年収の1/3以上の借り入れをすることができないという規制でアコムもプロミスも、この枠内で貸し付けを行っています。

ところが、この総量規制にはいくつかの例外と除外規定が設けられています。その中に「顧客に著しく有利となる借り換え」という項目があり、これは例外事項として取り扱われます。つまり年収の1/3という規定は気にしないで良いということになります。なので、あなたがプロミスあるいはアコムに申し込む場合は、しっかりとローン一本化で金利を安くするための借り換えだということを伝える必要があります。

借換えにカードローンは使える?本当にお得な融資を使うには

融資の返済を楽にするテクニックの一つとして、借換えという方法があります。これは今現在返済を続けている残高分を別途金利が安い業者から借りて完済し、そのより良い条件の業者へ継続して返済していくという事です。例えば融資に詳しく無いうちに借りた場所があまり金利が安くなくて後から後悔している場合、借換えを行う事で幾分か返済の負担を軽減できるという形です。

借り換えるタイミングにもよるのですが、早期に借り換えるほど返済総額は小さくなっていく傾向があり、特に景気が良い時の高利貸しを使っていて今でも返済が残っているという人の注目を集めています。借換えが必ずお得に繋がるというわけでは無いのですが、単純に考えても低金利の方がお得になりやすいので、積極的に検討するのは間違っているわけではありませんね。

借換えというのは主に高額な融資で使われる事が多く、住宅ローンではこの借換えを推奨しているプランもあります。それだけより安い融資と返済には注目が集まるという事であり、高額な借換えほど効果があるのを表しています。しかし、高額で無いと効果が無いというわけでは無く、数十万以下の融資でも借換えの効果が発揮される事があります。数十万の融資だと現金融資が多く、頼る機会が多い融資額とも言えますね。

現金融資と言えばカードローンがあまりにも有名ですが「カードローンで借換えってほとんど聞かないけど本当にできるの?」と疑問に思うのではないでしょうか?住宅ローンなどよりも需要が低い借換えカードローンについて調べてみました。

まずどんな融資でも借り換えられる可能性はあるという事から考えると、カードローンでも出来るしその価値があるのは当然の流れです。金利が18%のカードローンと15%のカードローンではどちらがお得なのかは明白なように、この差であっても借換が成立する事があるのです。中にはカードローン借換えを推奨している業者も居ますので、カードローンの返済に悩む人であれば探してみるのも良いでしょう。

その理屈で言えばカードローンからカードローンだけでは無く買い物で組んだローンをカードローンで借り換える事も出来るのですが、その場合はより注意が必要です。ローンというのは高額な融資を受ける事もカードローンよりかは簡単な為に、カードローンで補うなら十分な限度額の確保が必須であり、かなりの信用が必要になります。それに金利面でもローンよりお得な状態というのは少なく、注意深く条件の違いを見ていかないとお得にはなり得ません。

カードローンを借換えに使うなら審査も含めて相談というのは必須であり、どんな用途に使って尚且つ本当にお得なのか、聞いておかないといけません。カードローンの借換えは用途が豊富な分お得になるかどうかは自分次第という側面が強いので、決断を急がないようにしたいですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 《1週間無利子》もアリ!?今借りたい厳選カードローン情報→ All Rights Reserved.