Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/dso-news.info/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
申し込みブラックってどういう意味ですか? | 《1週間無利子》もアリ!?今借りたい厳選カードローン情報→

この1ヶ月間でクレジットカード系、銀行系、消費者金融系と全部合わせて6件の申し込みをしてしまいました。現在も1社の審査待ちとなっていますが、友人から「それは申込みブラックになっているから望みないよ」と言われました。申込みブラックって、どういう意味でしょうか?

短期間に複数の会社に申し込むことを申込みブラックと言います

1ヶ月間で6件の申し込みというのは多いですね。あなたがどこかの金融会社に申し込んだという事実は信用情報に記載されます。そして申込み履歴は最長で6か月間保存されることになっています。ですので、あなたが1ヶ月間に6社に申し込んだという事実はしっかりと信用情報に掲載されているということになります。

このような状態になると次に申し込んだ先はあなたの信用情報を照会した際にすでに他社に申し込んでいること、そしてその審査結果も知ることになります。現在、あなたの信用情報には5社に申し込んで全て審査が通っていないという事実が掲載されています。そうすると、あなたが現在審査結果を待っている6社目も前の5社と同じ判断をするということは十分に考えられます。

延滞や滞納をしていないのにブラックというのもおかしいと思われるかもしれませんが、短期間に次々と申込みをしたということは急にお金が入用になったと考えられますし、そうなれば当然に「なぜ必要なのか」「何か問題でも発生したのか」と考える訳ですよね。そして「事故が発生する可能性」を考えて結論を出すのです。

キャッシング会社が一番怖いのは延滞や滞納などの事故です。事故が予測されるのであればそれを避けたいと思うのは当然です。短期間に複数の会社に申込むということは何らかの事故が発生する可能性を示しているとも考えられますので、あなたがこれまでに延滞や滞納をしていなくても審査の結果は不可になるのです。

申し込みの状況は6か月間保存されれば抹消されますので、あなたの場合は6か月間待って、記録が抹消された後に再度考える必要があるでしょう。

申し込みブラックって何?融資の審査落ちに関する意外な落とし穴

当たり前の話になってしまいますが、どんな融資の審査でも落ちる可能性というのはあります。住宅ローンみたいな難しい融資もさることながら、持っている人が多いカードローンだって落ちる可能性はありますし、直接的な融資とは多少異なるクレジットカードだって落ちる可能性は十分存在しています。金融系のサービスを利用するなら多くの場合に審査が発生し、同時に落ちる事もあるのを忘れないようにしましょう。

審査に落ちると落ち込む人が居ますが、どうしても融資を受けたいのなら後ろ向きになってはいけません。金融業者というのはたくさん存在しており、どこかに落ちても別の業者であるのならばまた申込みは可能であり、どこかがダメでも別の場所なら借りられる…というのは、融資の利用においてさして珍しい話ではありません。「審査が難しい銀行には落ちたけど消費者金融では借りる事が出来た」という体験談が良い例ですね。

なので一度や二度審査に落ちたくらいでは、まだまだ融資を諦める必要はありません。審査に通過するかどうか不安なら事前に良さげな業者を何社か見繕っておくと良い…のですが、あまりにも審査落ちを繰り返してしまっていると、あまり良い事とは言えません。良い事どころかしばらく融資の利用が出来なくなる可能性もあるくらい、場合によっては深刻になるのです。

そうした審査落ちしすぎた状態を『申し込みブラック』と呼ぶ事があります。この呼び方は金融業者が発案した正式名称ではありませんが、一般の融資を利用する方にとっては比較的有名な言葉でありますので、まだ申し込んでいなくて知らなかったという人は、その意味について解説しますのでチェックしておいてください。

ブラックというとブラックリストという単語を思い浮かべるかもしれませんが、それに近いとも言えます。ブラックリストというと返済に遅れたり自己破産してしまった人を指すものであり、それに比べると申し込みブラックは幾分かマシと言えなくも無いですが、お金を非常に借りにくい期間があるのは同じですね。

まず融資への申し込みに落ちた場合、記録が残るという事を忘れないようにしましょう。この記録は信用機関と呼ばれる、融資の利用に関する情報が集まる場所に残されています。そしてこの情報を金融業者は閲覧する事が出来るのですが、何度も審査落ちしてそれでも申し込みを繰り返す人を見ると、どう思うかはもう明白ですね。少なくとも良いようには思われませんし、回数が多すぎるとその時点で審査落ちです。

これが、申し込みブラックになるまでの流れです。申し込みは何度でも出来るのですが、実際に残されたチャンスというのは多いとは言えません。何度でも出来るからと勘違いして審査落ちを軽視しているとあっという間に申し込みブラックになってしまいますので、一回一回の申し込みにおいて通過する為にはどうするべきか、真剣に考えないといけません。

ブラックリストよりかは軽度というのは、審査落ちの記録というのは大体半年程度しか残らない為です。ゆえに半年が経過すればまた申し込みを再開する事ができるというわけなので、数年以上は無理なブラックリストよりかはマシというわけです。半年といえど融資が必要になっても借りられないという点には気をつけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 《1週間無利子》もアリ!?今借りたい厳選カードローン情報→ All Rights Reserved.